高校生におすすめクレジットカードみたいなカード

クレジットカードは高校生は持つことができませんが、クレジットカードのようなものを持つことはできます。
それがデビットカードです。
デビットカードは15歳以上であれば、発行することができます。
中学生は不可ですが、高校生でもOKです。

デビットカードの見た目は、ほぼクレジットカードと変わりません。
カード番号もきちんとあります。
クレジットカードと大きく異なる点は、支払い方法にあります。

クレジットカードの利用料金は、月に1度まとめて請求がされます。
それまではクレジットカード会社が、利用分を肩代わりしている感じですね。
デビットカードは利用すると、その場で請求となります。
決済用に指定している口座から、使った瞬間に利用分が引き落とされるシステムなのです。
クレジットカード会社がいったん利用分を肩代わりしなくてよいので、支払いがされないというリスクはほぼありません。
そのため返済能力が低いと思われる高校生でも、発行することができるのです。

デビットカードは実店舗でショッピングもできますし、インターネットショッピングでの決済用に使うことも可能です。
クレジットカードと同じように使うことができるので、高校生にはおすすめです。